年金保険とは?

年金保険・イメージ

年金保険には様々な種類があり、国民年金や厚生年金などの「公的年金」の仕組みを指すこともありますが、一般的には公的年金以外に生命保険会社などと個人的に契約を結ぶ「個人年金保険」の事を指します。
当サイトでは、私的年金を主とした「年金保険」を中心に「公的年金」や「企業年金」まで幅広く解説しております。
現在では、様々な理由から老後に安定した生活を送る為の自助努力として、この「年金保険」の加入者が増えており、保険会社各社共に多様な保険商品を取り扱うようになりました。
是非この機会に、ご自身が将来貰える国民年金や厚生年金などの「公的年金」の受給額と老後にかかる生活費を把握してみて下さい。

» ゆとりある老後を過ごすために必要な金額は? » 急速な高齢化による負担者と受給者のアンバランス

» お金の現在価値と将来価値は違う » 円の価値が下がる事でもインフレは起こる

» リタイア後の生活資金は自助努力で準備 » 公的年金の加入記録を調べてみよう

年金保険って必要?

年金保険・イメージ 一昔前まではそれほど老後資金について心配する必要はありませんでしが、少子高齢化問題や、日本経済のバブル崩壊等の大きな問題により、公的年金支給額の削減、支給開始年齢の引き上げなど環境は大きく変化しました。
公的年金の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられた事を考えてみても平均年金受給額はますます減る事になる一方で、平均寿命の延び等で長期化するセカンドライフに向けた生活資金も更に必要になってきます。
今後はこの減ってしまった部分を自助努力により確保をしなければならなくなり、老後の資金確保は自己責任の時代へと変化したといえます。
現在では老後に安定した生活を送るために、年金保険の加入を真剣に考える人が増えています。

» ゆとりある老後を過ごすために必要な金額は? » 急速な高齢化による負担者と受給者のアンバランス

» お金の現在価値と将来価値は違う » 円の価値が下がる事でもインフレは起こる

» リタイア後の生活資金は自助努力で準備 » 公的年金の加入記録を調べてみよう

公的年金と私的年金の違い

我が国では20歳になったら、全ての国民は60歳になるまで国民年金に全員が加入しなければなりません。
年金の保険料は収入のある無しに関係なく強制加入です。 公的年金では全国民共通の基礎年金(国民年金)がベースとなっており、 そこに民間企業の会社員は厚生年金等、公務員は共済年金等が上乗せされる仕組みです。
一方、私的年金とは自らの意思で保険会社等と契約を結び加入するもので、公的年金を補うものと考えて良いでしょう。個人年金保険と呼ばれ様々なタイプの商品があります。

» 国民年金とは » 厚生年金とは » 厚生年金基金とは » 企業年金とは » 確定拠出年金とは

» 確定給付年金とは » 税制適格退職年金とは » 日本版401Kとは

年金保険ってどんな保険?

年金保険とは、老後の生活費等を準備する目的で払い込んだ保険料を保険会社が一定期間運用し、被保険者が予め決めておいた年齢になった時点から、 一定期間(5年・10年等々・・)または生涯にわたって、毎年年金が受け取れる保険です。
年金保険には大きく分けると定額型と変額型があり、保険料の支払方法には、月払、半年払、年払、一時払があります。

» 年金受け取りの種類について » 運用の種類について » 選び方のポイント » 変額年金保険とは

» 保険金受給時に掛かる税金 » 個人年金保険料控除について » 定額個人年金保険とは

スポンサードリンク

Copyright © 年金保険・徹底解説 All Rights Reserved.